灘中学校 のニュース記事

Sponsered link
2018年 12月4日
読売新聞
出願受け付け、12月25日から…中読売新聞灘中学校・高等学校(神戸市)は、2019年度の中学入学試験の出願を12月25日から受け付け、1月7日(当日消印有効)に締め切ります。郵送のみの受け付けです。詳細はこちら。 2018年12月04日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun. 読売KODOMO新聞 こども 
2018年 12月3日
BIGLOBEニュース
なぜ勝谷誠彦は取り憑かれたように酒を求めたのかBIGLOBEニュース勝谷は中学と高校を卒業後、医学部進学が叶わず、早稲田大学第一文学部に入学した。これは、彼の中では大きな劣等感となっていた。「高の卒業生として同級生たちに胸を張れるようになりたい」。それは、教育に非常に厳しかった母の影響がかなり感じられる。「大好き 
2018年 12月2日
めるも
勝谷誠彦さん 最後のメッセージは「おしまい!」 ラジオ最終回、明るい声で…めるも勝谷氏は明るい声で大学教授の田尾和俊氏(62)とトークを繰り広げ、近現代史教育についての持論や中・高時代の思い出を語った。ラストでは「田尾です。勝谷さん、お疲れ様でした。いろいろと本当にありがとうございました。ご冥福をお祈りします」と田尾氏の追悼メッセージが 
2018年 11月30日
アエラドット 朝日新聞出版
子ども全員東大理III合格の佐藤ママが“神頼み”より役立つ中学受験7つの技を伝授アエラドット 朝日新聞出版長男、次男、三男は灘中学校(神戸市)、長女は洛南高等学校附属中学校(京都市)を受験し、合格した。その経験から得られたノウハウは、『三男一女 東大理III合格! 佐藤ママの子育てバイブル 学びの黄金ルール42』に詳しいが、佐藤さん自身は、4人の子どもの受験で一度も 
2018年 11月29日
Yahoo!ニュース
ハンパなかった貴景勝への英才教育…“飯のかわいがり”も 初Vでかなった父子の夢Yahoo!ニュース実は佐藤貴信少年(貴景勝)の通う仁川学院小は超進学校。幼稚園児の時に7つの幼児教育の塾に通い、見事、受検を突破して入学した。父によれば「(地域で)1番偏差値の高い小学校。当時のことですが、男子なら中学に3人に1人は行く。中学から東大へ。今年も何人も 
2018年 11月28日
神戸新聞
コラムニストの勝谷誠彦氏が死去 57歳、尼崎市出身神戸新聞中、高、早稲田大を卒業後、週刊誌記者を経てコラムニストに。テレビ、ラジオの情報番組でコメンテーターを務め、辛口の発言で知られた。さぬきうどん店も経営していた。 17年7月の兵庫県知事選に無所属で立候補したが落選。5選を果たした現職井戸敏三氏の多選批判 
2018年 11月27日
KissPRESS
『東 クイズのマナビバ』神戸市東区KissPRESS来年1月26日、第1回目の『東 クイズのマナビバ』が灘中学校高等学校(神戸市東区)の講堂で開催される。 続きを読む. 対象は東区内の市立中学校に通う生徒となっており、2人1組で参加申し込みが可能。東区に関係する歴史や文化、産業などについての知識を 
2018年 11月26日
朝日新聞
(学びを語る)思考力つけるには 先回りせず、何でもやらせる 大森秀治さん朝日新聞大学入試改革では思考力、判断力、表現力が問われます。短期間で身につかない力をどうつければいいのでしょうか。思考力を問う入試で有名な中高の教頭に聞きました。 □灘中学校・高校教頭、大森秀治さん. 中の入試の算数は難しいと言われます。考える力、つまり思考 
2018年 11月26日
中日スポーツ
スパルタだった景勝パパ一哉さん 息子の晴れ姿に感無量中日スポーツそこで「男子なら、(東大進学が当たり前の)中に3人に1人は行く」と父が言う私立の仁川学院小を受験し合格した。「幼稚園で7
2018年 11月26日
Yahoo!ニュース 個人
貴景勝、初V 22歳3カ月&26場所スピード優勝 実った父の英才教育Yahoo!ニュース 個人同小からは「(東大進学が当たり前の)中に3人に1人は進む」という高偏差値校。父は「寝る間もない幼稚園児だった。東大かプロのアスリートかだった」と振り返る。 小学生時、父母が進路に関し対立。小3時に相撲に転向した際、貴景勝は「どうすれば(両親は)喜ぶの?
2018年 11月23日
Yahoo!ニュース 個人
【佐藤ママ】小学校6年の11月、いよいよ勝負の時ですYahoo!ニュース 個人大変だった三男の受験、2人の兄は中生. 今年もあと2か月となりました。毎日何を考えながら過ごしていますか? この時期になると、私の胸にはさまざまな出来事や思い出が去来します。中学受験というのは、まだ12歳という小さな子供が体験するので、親がすることも多く、 
2018年 11月21日
神戸新聞
姫路に新たな夜間中学を 県内有志が活動神戸新聞夜間中学は戦後の混乱期に家事手伝いや就労をせざるを得ず、学校に通えない子どものために、中学校教員が自主的に開設したのが始まりとされる。最盛期の1950年代には全国で80校以上あり、姫路市内でもや東光、山陽中に夜間学級が設置されていたという。その後、 

灘中学校 を見た人がチェックしている学校