富山高校 のニュース記事

Sponsered link
2018年 5月24日
中日新聞
認知症 サポーター 10万人 高校でも講座 「県民10人に1人」認定中日新聞龍谷富山高で講師を務めた奥田地域包括支援センターの津田忍さんは、サポーターの役割を「すぐに特別なことができるわけではないが、正しい対応ができることは認知症の人への応援となり、誰もが安心して暮らせる社会の実現につながる」と紹介。「若者に認知症を理解して 
2017年 3月14日
中日新聞
市長選前に出前授業 氷見高生、選挙の仕組み学ぶ中日新聞生徒たちは投票用紙に名前を書き、投票箱に入れた。 立候補者役をした木沢智子さん(17)は「候補者の情報を集めて、投票に行くことが自分たちの暮らしやすさにつながると思う」と話した。 県選管の出前授業は十四日に富山高、十五日に高岡商業高で二年生を対象に開かれる 
2016年 1月17日
毎日新聞
村椿氏は黒部市出身で富山高、東北大を卒業。1980年に県庁に入庁し、地域振興課長、広報課長、高志の国文学館副館長などを歴任。15日付で退職した。魚津市には87年に移住した。 村椿氏は会見で、昨秋ごろから地元経済界などの出馬要請があったことを明かした上 
2016年 1月11日
産経ニュース
【追悼】 佐伯彰一さん 世界的博識で日本文化を語る産経ニュース佐伯氏には都雅の趣があった。飛び級で旧制富山高校へ進んだ氏は小林秀雄など名士が地方へ講演に来ると、宿まで押し掛け話を拝聴、言われた通り大作家の全集を端から端まで読み通した。今でも若者の最上の教育は漱石や鴎外の全集を読み通すことだろう。
2015年 8月15日
中日新聞
富山高校演劇部の卒業生でつくる「とやま朗読劇の会」(富山市大泉)は十五日に、第十七回公演「平和な未来へ」を同市桜町の県民小劇場オルビスで開く。富山大空襲などの記憶を伝えて二十五年目。戦後七十年に「戦争体験者の声を聞ける最後の節目」と初参加する出演者 

富山高校 を見た人がチェックしている学校

Sponsered link