洛星中学校の偏差値データ

洛星中学校の偏差値は75。 洛星中学校・高等学校(らくせいちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、京都市北区 (京都市) 北区小松原南町33番地にある中高一貫校の男子校である。1952年に中学校が、そして1955年には高等学校が創立される。1831年、ルイ・ケルブ神父がカトリック教会 カトリック精神による青少年教育を目的とし、4世紀頃にいたとされる教育者聖ヴィアトールを守護者として、フランスのリヨン市に創立した聖ヴィアトールカトリック修道会が母体であり、進学校でありながらも、厳しいカトリック教育を行う学校として知られる。戦前、中国の四平街にあったミッションスクールが前身。日本では唯一のヴィアトール学園で、神父及びブラザーと呼ばれる会員が現在も教職員と共に活動している。

偏差値 ランキング

偏差値
75
所在地
京都府
区分け
私立
公式サイト
-
Sponsered link
Sponsered link

洛星中学校を見た人がチェックしている学校

Sponsered link

洛星中学校の評判・つぶやき

2019年 1月17日
国立大学附属高校は、高校入試がありますが、私立高校の場合は高校入試が無く中学校から内部進学のみ、というのがあります。麻布に女子学院に洛星に、と。小学校で入試受けるか 中学校で受けるか、の違いだが。小学校で入試受ける中学校入試は 当然問題は優しくなるが
2019年 1月17日
1月20日は育星舎北野学舎の合同説明会の後、午後5時からの洛星中学前期合格発表をめがけてチラシ配布に行ってきます。洛星中学の合格発表でチラシ配布を行なうのは初の試み。楽しみです。
2019年 1月17日
@George80542385 @muramasanico @kiZiouP8cwBM9pG 洛星中学出身というのも、ウソでしょうね ここまで絶望的に地頭が悪いのが、中学受験に受かる訳がない
2019年 1月15日
洛星中学・高校教員「(某)・モーリン」 https://t.co/MJhi98C7I2

洛星中学校のニュース記事

2018年 11月9日
毎日新聞
毎日フォーラム・霞が関ふるさと記毎日新聞内閣府では、内閣総務官室内閣参事官の中井亨氏(京大法93年総理府)が京都市出身で洛星を卒業している。内閣府経済社会総合研究所上席主任研究官の吉岡真史氏(京大経84年経企庁)は「宇治市で生まれ育った。中学から奈良の私立東大寺学園に、自宅から通った」と 
2018年 11月5日
リセマム
関西10月25日版の予想R4一覧によると、男子難関校の入試日と偏差値は、1月19日~20日が灘(71)、甲陽学院(65)。1月20日が西大和学園(65)、須磨学園3B(64)。1月21日が洛南高附属・併願(70)、東大寺学園(67)。1月23日以降が白陵・後期(64)、洛星・後期(64)。
2018年 10月22日
読売新聞
「人の痛みに気付く人、学ぶ楽しさを知る人に」…洛星読売新聞洛星中学校・高等学校(京都市)は京都府内で2校しかない私学の男子校だ。創立以来多くの卒業生が京都大学に合格している進学校だが、カトリック精神に基づいた人間教育に力を注いでいることでも知られる。阿南孝也校長に同校の教育の理想や教科指導の特長、課外活動 

洛星中学校を見た人がチェックしている学校