修道中学校の偏差値データ

修道中学校の偏差値は70。 修道中学校・修道高等学校(しゅうどうちゅうがっこう・しゅうどうこうとうがっこう)は、広島県広島市中区南千田西町に所在する私立中学校・高等学校。戦前より各界に人材を輩出してきた男子校である。1725年(享保10年)に広島藩主浅野吉長が「講学所」を設置して以来、約290年の歴史を有する。なお、校名からキリスト教系と間違われやすいが、藩校を起源としており、校名は中庸の言葉に由来する。 「修道」の名は、城中二の丸の「学問所」を明治3年に十二代藩主長勲が城中八丁馬場へ移して「修道館」と称した時に始まる。四書の一つ「中庸」の『修道之謂教』(道ヲ修ムル之ヲ教ヘトイフ)の言葉に基づく。「道を修めた有為な人材の育成」が建学の精神であり、「知徳併進」「質実剛健」を二大校是としている。中学入試では、約280名の募集に対し、例年1100名前後の受験者を集める。以前は高校入試も100名以上の募集があったが近年は約5名ほどとなり、完全中高一貫に近付いている。学校関連のイベントとしては、9月下旬に行われる体育祭、11月上旬の文化祭(学校の創立○○年祭という名前で行われる。これは創立記念日が11月4日であるため)などがある。2000年から始まった校舎の新築工事は、2003年に終了した。正門から一番に見える渡り廊下(右写真)は、旧校舎時代のものをそのまま現校舎に残したものである。 2009年より体育館の新築工事をし2010年新学期より使用。制服は袖口に白い線が入っているのが特徴であり、修道生のシンボルとなっている。これは、戦時中、空襲での退避後に集合する際に他校の生徒と区別するために付けた白線が起源。また入学年度によって緑・黄・赤・白・金茶・青の6色のうち1つの学年バッジが割り当てられ、卒業までの6年間使用する。卒業後には『~期赤バッジ』などと表現される。2003年度より制服のデザインが変更され、濃紺金ボタンの学生服からブレザーになったが、伝統の袖口の白線は残された。 制服についての規制も学年が上がるにつれて緩くなり、高等学校2,3年は式典等以外での制服着用義務はなく、私服で登校する生徒も多い。

偏差値 ランキング

偏差値
70
所在地
広島県
区分け
私立
公式サイト
-
Sponsered link
Sponsered link

修道中学校を見た人がチェックしている学校

修道中学校の評判・つぶやき

2019年 8月21日
@sano_morecam 森信茂樹  wiki 森信 茂樹(もりのぶ しげき、1950年(昭和25年) 広島県生まれ。私立修道中学校修道高等学校を経て[1]、京都大学法学部卒業後、1973年大蔵省入省。
2019年 8月21日
あーほんま今更やけど小学から 頑張って中学受験して修道あたり 行ければよかったなー そしたら高校も迷うことなく中高 修道やったのに笑 山陽辺りでも勉強していってたら 仲いい子いたのに 〜
2019年 8月12日
修道は中高ともに中国大会か、おめでとう
2019年 8月10日
え、修道の体育祭今年からグリーンアリーナなん初耳なんやけど。 仮装行列も中でやるんかなんだかなぁ https://t.co/huxa7P6pLe

修道中学校のニュース記事

2018年 9月8日
毎日新聞
平山郁夫さんの複製画を40点 あすまで七尾 /石川毎日新聞平山さんは広島市の修道中3年の時、学徒動員先で被爆。「平和への祈り」をテーマに世界の文化交流の道を歩き、ユネスコ親善大使として世界平和に尽力した。 作品展は、絵画の企画販売会社「ほるぷエーアンドアイ」(大阪府枚方市)の主催。代表作の「パルミラ遺跡を行く」「 
2018年 8月2日
中国新聞
平山氏、友情の「きのこ雲」 色紙、6日から尾道で初公開中国新聞尾道市瀬戸田町出身の日本画家、平山郁夫氏(1930~2009年)が広島原爆のきのこ雲を描いた色紙が見つかった。広島市内で共に被爆した旧制修道中の同級生に、1965~70年ごろに贈ったとみられる。同級生の遺族から寄託を受けた平山郁夫美術館(同町)が、6日から 
2018年 8月2日
47NEWS
平山郁夫氏の「きのこ雲」色紙発見. 2018.8.2 0:00 中国新聞. Share on Google+. 尾道市瀬戸田町出身の日本画家、平山郁夫氏(1930〜2009年)が広島原爆のきのこ雲を描いた色紙が見つかった。広島市内で共に被爆した旧制修道中の同級生に、1… 記事全文を読む ❯ 

修道中学校を見た人がチェックしている学校