伊勢高等学校の偏差値データ

伊勢高等学校の偏差値は72。 三重県立伊勢高等学校は三重県伊勢市にある県立の高等学校。三重県立宇治山田高等学校 宇治山田高校、三重県立松阪高等学校 松阪高校等とともに三重県南部における進学校の一つで、伊勢志摩地区だけでなく、紀勢本線沿線からの進学者もいる。また三重県全体としてもトップレベルの進学校である。学校群制度の時代は三重県立宇治山田高等学校 宇治山田高校と比較されていたが、解消された現在では相対的に三重県立宇治山田高等学校 宇治山田高校の水準が下がり比較されることがなくなった。2006年で50周年となる。そのため記念行事が多々予定されている。 1956年(昭和31年)創立 石原恒和(18期) - ゲームクリエイター、筑波大学院修了

偏差値 ランキング

偏差値
72
所在地
三重県
区分け
公立
公式サイト
公式サイトは こちら から
Sponsered link
Sponsered link

伊勢高校を見た人がチェックしている学校

Sponsered link

伊勢高校の評判・つぶやき

2018年 4月26日
浪人してたせいもあって伊勢高での一個下が敬語使ってくれる
2018年 4月26日
先輩「みんな出身どこ?」 新入生「伊勢高校です」 俺「!?!?!?」
2018年 4月26日
伊勢高の行く末が 気になる卒業生たち。
2018年 4月26日
伊勢高修学旅行制服に決定なん? どんどんおかしくなっていく

伊勢高校のニュース記事

2018年 4月13日
中日新聞
ウミホタル飼育研究で2個目の最優秀賞 伊勢高3年・仲さん中日新聞刺激を受けると光るウミホタルの飼育研究で、伊勢市の伊勢高校3年仲真三郎さん(17)=尾鷲市林町出身=が、2月の「みえ自然科学フォーラム2017」口頭発表部門で最優秀賞を受賞した。昨年10月には「日本学生科学賞三重県展」でも最優秀賞に輝いた。 仲さんはウミホタルの発光について調べようと飼育を始
2018年 4月10日
毎日新聞
現在は小学生から高校生までの33人が所属し、市内の声楽家、廣めぐみさんが代表を務め、指導している。 出演は、伊勢市出身でマルタで音楽マネジメントを研究している谷口政弘さん(26)から「伊勢の子どもたちに海外での経験を積ませてあげたい」と取り次ぎ、審査などを経て出演が決まった。現地ではマルタの
2018年 3月25日
読売新聞
高校生74%「将来的に住みたい」…三重県南部読売新聞伊勢、志摩、尾鷲、熊野など南部地域13市町に住む高校2年生2186人の回答を分析した。 将来の居住意向を尋ねたところ、「卒業後も地域に住み続けたい」が23・6%で最も多かった。これに「就職時には戻りたい」(12・3%)、「結婚や子育てを機に戻りたい」(13・0%)、「30~50歳代に戻りたい」(8・2%)、「退職後

伊勢高校を見た人がチェックしている学校