日比谷高等学校の偏差値データ

日比谷高等学校の偏差値は72。 東京都立日比谷高等学校(とうきょうとりつひびやこうとうがっこう)は、全日制普通科 (学校) 普通科の公立学校 都立高等学校。所在地は東京都千代田区永田町二丁目。1878年、現在の文京区本郷に東京府第一中学として開校。戦前は東京府の筆頭中学としてのみならず、いわゆる「府立一中」として全国的に知られていた。「日比谷」の名は、戦後の改称時に当時の菊池龍道校長(第13代・後 駒場東邦中・高創設者、初代校長)が、1899年~1929年まで校地のあった旧麹町区西日比谷1番地(現千代田区霞が関一丁目1番)に因んで命名した。戦前は第一高等学校 (旧制) 第一高等学校へ、戦後は東京大学へ全国最多の卒業生を送り出すトップ進学校としての地位を永らく維持していた。創立当初の黎明期から明治中頃あたりまでは、東京府の教育方針が定まらないことや正則教育の方針もあって上級学校への進学面に重きをおいてはいなかった。草創期に、上位学校への進学を目的とした変則科ではなく正則科に入学した夏目漱石がその後二松学舎や成立学舎に移っていったのは、混沌とした学制混乱期と官公立の宿命としての当時の一中の教育のありかたの一例として見ることができる。1890年に勝浦鞆雄校長(第9代・前 東京府尋常師範(現・学芸大学)幹事)が就任後は、生活指導と進学指導が活発化。それまで私立校(今で云う塾・予備校に相当)の後塵を拝していた進学実績は伸びることとなり、明治後半から終わりにかけて(明治の終わりから大正元年にという見方もある)一躍一高合格者数で首位に踊りだした。既にその名は全国に知れ渡っていたが、この頃から一高-帝大への一貫ルートとして名実共に世間に認知され、人口に膾炙した。ただ、一高を目指す風潮が強い余り、旧制高校への現役合格者数全体でみた場合、特に昭和の時代に入ってから四中(東京都立戸山高等学校 戸山)等に及ばないことなどもみられるなど、伝統的にガツガツした面とは無縁である一方で、このように一高への執着が強かったことも権威主義的である一面としてみられた。

偏差値 ランキング

偏差値
72
所在地
東京都
区分け
公立
公式サイト
公式サイトは こちら から
61
/
4302 校
28
/
945 校
14
/
371 校
Sponsered link
Sponsered link

日比谷高校を見た人がチェックしている学校

Sponsered link

日比谷高校の評判・つぶやき

2018年 2月20日
いま日比谷高校の前まで来たんですけど、オックスフォード大学に補欠合格したんでオックスフォード大学にします!合格書類食べますね。
2018年 2月20日
その辺の公立小で育った大多数の人間からしたら変な話だけど、戦前から続くエリートコースなので、この程度は普通でしょうよ…戦前はここから旧制第一中学校(=現在の日比谷高校)を経由して旧制一高(=現在の東京大学教養学部前期課程)に入り、東京帝大(=現在の東大後期課程)というコース。
2018年 2月20日
本日2月20日(火)夜8時57分 ▼「マツコの知らない口笛の世界」 ゲスト:青柳呂武さん 日比谷高校オーケストラ部  ⇒ 東京藝術大学進学   ⇒口笛世界チャンピオン 青柳さんは、未経験のマツコに口笛を吹かす事が出来るのか!? マ… https://t.co/8VyzNMdqd5
2018年 2月19日
てかてかてか!!!受験期に何があった日比谷!!って感じでしたね。うっすら聞いてたけど、シャンテ前めちゃくちゃ綺麗になったし、東京ミッドタウン日比谷めちゃでかい…オープンが待ちきれないし、まじで一日中暇潰せるようにならよここ…最&高

日比谷高校のニュース記事

2018年 1月17日
Business Journal
東大合格者が多い高校ランキングに異変!私立進学校の凋落、公立の大躍進Business Journal日比谷ばかりではなく、ライバルである西、国立、神奈川の横浜翠嵐、湘南も合格者数上位の常連校化しており、また一時は低迷していた戸山、青山など旧ナンバースクールも明らかに進学実績を底上げしている。これに対して私立勢は先述したトップ校はともかく、二極化している。この30年間の東大合格者数の推移を
2018年 1月17日
J-CASTニュース
14歳、読者の評価は「オール5」ですJ-CASTニュース谷崎潤一郎は東京府立一中(現在の日比谷高校)時代、一年生の時から毎年、学校内の作文コンクールで上級生を圧して優秀作文に選ばれていた。三島由紀夫や川端康成にもそうした「文章神童」の伝説が付きまとう。 鈴木さんも小学校の時から受賞が続くが、いまのところ、変に大人びた擦れた感じがない。たぶ
2018年 1月10日
リセマム
進学指導重点校の志望状況をみると、日比谷高校が男女ともに1.67倍、青山高校が男子1.48倍、女子1.56倍、国立高校が男子1.68倍、女子1.99倍など。男女ともに高倍率だった三田高校も進学指導重点校となっている。 進学指導特別推進校の志望状況では、高倍率となった国際高校2.36倍のほか、新宿高校

日比谷高校を見た人がチェックしている学校