小山台高等学校の偏差値データ

小山台高等学校の偏差値は69。 東京都立小山台高等学校(とうきょうとりつこやまだいこうとうがっこう)は、東京都品川区小山にある公立学校 都立高等学校。府立八中を前身とする都立の上位進学校。都立高校全盛期にあっては、連年東京工業大学 東工大合格者数全国トップを達成するなど、理工系に強い高校として定評があり、しばしば全国一の2番手校と称された。今でも難関大学への進学率は高いが、学園紛争の影響や学校群制度以降、進学実績の不振にあえぐ時期が続いた。現在は、学区撤廃などの都立高改革の成果もあって実績は上昇している。2004年に都の重点支援校の3年間の指定を受ける。入試は現段階では都の共通問題を使用している。

偏差値 ランキング

偏差値
69
所在地
東京都
区分け
公立
公式サイト
-
187
/
4302 校
75
/
945 校
43
/
371 校
Sponsered link
Sponsered link

小山台高校を見た人がチェックしている学校

Sponsered link

小山台高校の評判・つぶやき

2019年 1月13日
小山台高校[普通/東京]69 https://t.co/fTdfW3lf7E
2019年 1月12日
[都立三田高校]…小山台と学力レベルが近い都立高校。東京タワーのかなり近くにある。小山台の教員が異動する際なかなかの確率で三田に行くことになる。
2019年 1月8日
[定時制]…小山台高校には全日制の他に定時制も開校されている。そのため、基本的には17時完全下校となっている。しかし、東京都教育委員の「都立高校改革推進計画・新実施計画」により、近い将来、小山台高校の定時制課程が廃止される構想が2016年2月に正式決定された。
2019年 1月7日
[武蔵小山駅→小山台高校]…あまりに駅近過ぎて、しだいに駅からの登下校の通学路に憧れ始める。

小山台高校のニュース記事

2018年 11月22日
建通新聞
東京都教育庁は2019~21年度を計画期間とする「都立高校改革推進計画・新実施計画(第2次)」の骨子をまとめた。現行計画に基づく新国際高校や立川地区チャレンジスクール設置などの取り組みを推進するとともに、小山台高校や立川高校の夜間定時制課程を閉鎖する。
2018年 10月19日
livedoor
遠足がなくなり体育祭は縮小 東京都立の高校で定員割れする事情livedoor進学指導特別推進校の小山台の上に名を連ねるのは、中学受験でちょうど偏差値50前後のいわゆる中堅校だ。A率で比べれば都立小山台よりだいぶ高い実績であり、都立新宿と肩を並べる。つまり、都立「2番手校」、しかもそのなかでの上位校であっても、中学受験で偏差値50 
2018年 10月19日
ニフティニュース
「名門日比谷高校の大復活」 それでも都立高が“定員割れ”する深刻な事情ニフティニュース進学指導特別推進校の小山台の上に名を連ねるのは、中学受験でちょうど偏差値50前後のいわゆる中堅校だ。A率で比べれば都立小山台よりだいぶ高い実績であり、都立新宿と肩を並べる。つまり、都立「2番手校」、しかもそのなかでの上位校であっても、中学受験で偏差値50 

小山台高校を見た人がチェックしている学校