箕面高等学校の偏差値データ

箕面高等学校の偏差値は65。 大阪府立箕面高等学校(おおさかふりつみのおこうとうがっこう)は、大阪府箕面市にある大阪府立の高等学校である。箕面高校は大阪府箕面市南部に位置し、その所在地は箕面市と豊中市のほぼ境界上である。昭和38年、普通科高校として開校し、平成4年に国際教養科2クラスを設置。アメリカ・オーストラリア・ドイツなどさまざまな国から留学生・帰国生等を受け入れ、ハットバレー高校と姉妹校提携、大阪外国語大学と高大連携を結ぶなど国際交流を重視した教育を行っている。大阪外国語大学との高大連携教育は具体的には、本校の生徒が大阪外国語大学の指定科目を受講し、それが高等学校卒業に必要な単位として認められていると言うシステムである。これは国際教養科の生徒だけでなく普通科の生徒も受講し単位を取得することができる。二年時から大学受験を意識したクラス編成となり、国際系・文科系・理科系・医薬看護系等のクラス編成を行う。

偏差値 ランキング

偏差値
65
所在地
大阪府
区分け
公立
公式サイト
公式サイトは こちら から
424
/
4302 校
106
/
733 校
42
/
293 校
Sponsered link
Sponsered link

箕面高校を見た人がチェックしている学校

Sponsered link

箕面高校の評判・つぶやき

2018年 11月16日
ということで箕面高校1年向けに今回の予測範囲表を配布するぞ 現代社会など共通じゃない教科は1-9準拠だから各自で調べて教えて あとグローバルは知らん 無能高校も範囲教えてくれる辺り一部有能やな https://t.co/bRBspStuex
2018年 11月14日
箕面高校すごい 英語力強化よりも、マインドセットと問題解決力、そのためのクリティカルシンキング、ロジカルシンキング。英語が出来る事自体は決してグローバルではない。グローバルマインドセットのポイントは共感と洞察。 2017年には海… https://t.co/JETUYQhn6C
2018年 11月13日
@5DJljmkqVlwC6rh ただ、箕面高校の校長先生は東京の高校へ転出され、現在は、府立高校出身の方で民間人校長ではありません。それでも、在校生は先輩の姿をみているので、数年間は、海外に目を向けた生徒が育つものだと思います。
2018年 11月13日
箕面高校は保護者向けに毎年講演に行っている。海外の大学の合格者は30名ほどいるが、オーストラリアの大学は併願が可能で数字が稼げるので、実際に海外へ留学したのは10名程度だが、それでも多い。土曜日にベルリッツと提携して授業をするなど… https://t.co/fwgv6Lj6Lw

箕面高校のニュース記事

2018年 11月21日
asahi.com
大阪)関西の高校生、音重ね支援 23日慈善邦楽演奏会asahi.com60回の開催を記念して同事業団が関西の高校に参加を呼びかけ、府内からは市岡高、河南高、藤井寺高、箕面高、大阪緑涼高、四天王寺高の6校、兵庫県からは芦屋国際中等教育学校、淡路高、伊丹高、姫路西高、伊丹市立伊丹高、神戸山手女子高、雲雀丘学園高の7校、 
2018年 11月12日
リセマム
【高校受験2019】大阪府公立高の募集定員…箕面・八尾など学級減リセマム2019年度大阪府公立高校入学者選抜のうち、一般入学者選抜(全日制、多部制単位制III部、定時制)は出願期間が2019年3月1日、4日、5日、学力検査などが3月11日、合格発表が3月19日。特別選抜入学者選抜は、出願期間が2月13日と14日(音楽科は2月5日と6日)、 
2018年 10月29日
読売新聞
生徒と教員 一緒に成長…北星学園余市高 箕面で講演会読売新聞全国から高校中退者や不登校の生徒らを30年以上も受け入れている北星学園余市高校(北海道余市町)の教員や卒業生らが28日、箕面市の市立多文化交流センターで講演会などを開き、約50人が参加した。同校は今春、生徒減少で一時は廃校の危機にあったが、存続が 

箕面高校を見た人がチェックしている学校