松山東高等学校の偏差値データ

松山東高等学校の偏差値は69。 愛媛県立松山東高等学校(えひめけんりつまつやまひがしこうとうがっこう)は、愛媛県松山市にある高等学校。愛媛大学教育学部附属中学校、近隣の松山市立道後中学校からの進学者だけで各学年の総人数の3割程度を占める(入試前の学校別集合のとき、附属中学の集団に圧倒される受験生も多い)。愛媛県内の公立高校(中予地方 中予地区)としては、数々の受験難関大学への進学者数が毎年1位か2位である。生徒は、原則として国公立大学を第一志望とし、不合格となった場合に受け皿となる私立大学へ進学するのが半ば伝統である。なお、半分近くの卒業生が愛媛大学・松山大学へと進学している。

偏差値 ランキング

偏差値
69
所在地
愛媛県
区分け
公立
公式サイト
-
Sponsered link
Sponsered link

松山東高校を見た人がチェックしている学校

Sponsered link

松山東高校の評判・つぶやき

2018年 5月22日
松山東高校[普通]68 https://t.co/tCt2TiMKVq
2018年 5月17日
【学校紹介】松山東高校 ⇒ https://t.co/eeIwHJCiVA #アメブロ @ameba_officialさんから
2018年 5月15日
<東校、がんばっていきまっしょい!> #中央公論 6月号 永井隆氏の連載「名門高校 俊英の軌跡」は、「がんばって…」の掛け声も有名な松山東高校です。俳句甲子園から俳人となった神野紗希氏、アナウンサーになった元生徒会長升田尚宏氏、… https://t.co/19xZ7adWoS
2018年 5月10日
「中央公論6月号」に連載の〈名門高校 俊英の軌跡〉、松山東高校が取り上げられています。〈〝俳句の街〟で過ごした青春〉の見出しの下、神野紗希さん、登場。

松山東高校のニュース記事

2018年 4月21日
毎日新聞
まずは正岡子規が生まれた松山市。東貴博、小倉久寛、真鍋かをりの3人と地元出身の俳人、神野紗希が、桜の散り始めた松山城から吟行を開始。子規と親友の夏目漱石の足跡を訪ねながら句を作る。 地元の松山東高校俳句部とは3人1組のチームで対決する。芸能人チームが先手で「旅立ちの」と上の句。高校
2018年 4月10日
毎日新聞
伝統胸に新たな一歩 県内公立校 /愛媛毎日新聞県内の公立小中学校や高校の多くで9日、入学式があり、児童・生徒たちが新生活の第一歩を踏み出した。 松山市持田町2の県立松山東高では午後1時から入学式が行われ、真新しい制服に身を包んだ新入生360人が緊張した面持ちで式に臨んだ。 式では、村上敏之校長が「本校は明治11年の松山中学校
2018年 3月22日
読売新聞
「はがき歌」内田さん市長賞読売新聞第23回「はがき歌」全国コンテストの表彰式が21日、松山市の市立子規記念博物館で開かれた。国内外から8897点の応募があり、最高賞の市長賞には、県立松山東高3年、内田岳志さん(18)の「夏祭りいるかわからぬ君さがす君は自分を君と知らない」が選ばれた。 内田さんは、一緒に出かけた友人が誰かを探

松山東高校を見た人がチェックしている学校