松山東高等学校の偏差値データ

松山東高等学校の偏差値は69。 愛媛県立松山東高等学校(えひめけんりつまつやまひがしこうとうがっこう)は、愛媛県松山市にある高等学校。愛媛大学教育学部附属中学校、近隣の松山市立道後中学校からの進学者だけで各学年の総人数の3割程度を占める(入試前の学校別集合のとき、附属中学の集団に圧倒される受験生も多い)。愛媛県内の公立高校(中予地方 中予地区)としては、数々の受験難関大学への進学者数が毎年1位か2位である。生徒は、原則として国公立大学を第一志望とし、不合格となった場合に受け皿となる私立大学へ進学するのが半ば伝統である。なお、半分近くの卒業生が愛媛大学・松山大学へと進学している。

偏差値 ランキング

偏差値
69
所在地
愛媛県
区分け
公立
公式サイト
-
Sponsered link
Sponsered link

松山東高校を見た人がチェックしている学校

Sponsered link

松山東高校の評判・つぶやき

2018年 11月19日
松山東高校が四国大会出場を決めたことで曽我部マコト先生は川之江高校時代の1999年に「ホット・チョコレート」で出場して以来、実に20年連続でブロック大会出場を果たしたことに。改めて凄い方だ。
2018年 11月10日
【メンバー紹介No.6】 佐伯姫夏(ひめか) 役職:企画リーダー、第2部司会 所属:九州大学法学部GVプログラム2年 出身:松山東高校(愛媛県) ひとこと:世界のことについて、SDGsについて興味がある高校生集合!そして大学生と話… https://t.co/onB6FW10oy
2018年 11月6日
松山東高校 自称進学校じゃないところ 毎年東大合格者出てるからすごいよね
2018年 10月31日
松山東高校[普通]68 https://t.co/fTdfW3CQwe

松山東高校のニュース記事

2018年 11月12日
リスク対策.com
文豪・夏目漱石と科学・技術に対する理解リスク対策.com再度、夏目漱石を論じる。夏目漱石(1867~1916)が近現代日本を代表する国民的作家であることを否定する人はいないだろう。漱石は本名金之助、江戸・牛込の名主の家に生まれた。東京帝国大英文科卒。東京高等師範学校(現筑波大)、松山中学(現松山東高)、第五高校( 
2018年 10月10日
愛媛新聞
少年女子B1500メートル(8)友近凜音 松山東高. 少年女子A走り幅跳び(1)河添千秋 松山北高. 成年男子10000メートル競歩主な成績(8)近藤良亮 山梨学院大(新居浜東高出). 少年女子共通三段跳び(2)河添千秋 松山北高. 少年男子Aハンマー投げ(3)久門大起 今治 
2018年 10月5日
愛媛新聞
福井国体第6日 愛媛勢の成績愛媛新聞重量挙げは、成年男子56キロ級の権田達也(新居浜市役所)がジャークで3位に入った。 馬術は、少年自由演技馬場馬術の沼田衣澄(松山東高)、少年ダービーの道下せな(聖カタリナ学園高)が、ともに7位入賞した。 愛媛の天皇杯(男女総合)成績は849点で13位のまま、 

松山東高校を見た人がチェックしている学校