灘高校 のニュース記事

Sponsered link
2018年 8月9日
日本経済新聞
名門「」校長らが語る 子の学ぶ力育てる3つの動機日本経済新聞子どもの好奇心はどうしたら伸ばせるのか。受験の名門「」(中学校・高等学校)の和田孫博校長らが、保護者向けに開催された特別講演会で「学ぶ力になる大きな動機」について語った。 □わが子はICTを駆使できるグローバリストになれる? 子どもがもっと知りたいと自ら 
2018年 8月8日
神戸新聞
高架下、町工場から「アート村」に変貌 神戸神戸新聞管理運営する阪急阪神ビルマネジメント(大阪市)によると、正式名称は「高架下」。阪急王子公園-三宮駅間に約400区画ある。1936(昭和11)年の同区間高架化とほぼ時を同じくして、高架下の歴史も始まったとみられる。 以来82年、戦火を逃れ、阪神・淡路大震災にも 
2018年 8月5日
東洋経済オンライン
リセマム週刊東洋経済東洋経済オンライン名門校 すごい卒業生人脈 「開成会」がつなぐ最強人脈 「担任団は誰や」で親密に INTERVIEW│開成高OB 松本 大○マネックスグループ社長 INTERVIEW│高OB 薩摩和男○美々卯(みみう)社長 福岡 修猷館、福岡高、筑紫丘 御三家の強すぎる母校愛 出身高校別の 
2018年 8月5日
鉄道チャンネル
第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト 東京国際展示場ビッグサイトで開催鉄道チャンネル審査員特別賞ベストリアル賞は、中学校・高等学校鉄道研究部。郊外のベッドタウン。 審査員特別賞ベストファンタジー賞は普連土学園中学校高等学校理科部。会場で異彩をを放っていました。だってお菓子のお城の中をリアルに鉄道が走り抜けるのです。流石、女子校!
2018年 8月4日
週刊東洋経済プラス
INTERVIEW|高OB 美々卯社長 薩摩和男週刊東洋経済プラス学校の雰囲気はまさに自由。授業が終わるとホームルームもなく、生活指導のようなものを受けた記憶もない。校則もなかった。勉強以外は野放しだった。在学中には、それまでの詰め襟制服がなくなり、丸坊主でなくてもよくなった。 放任主義でもあったが、生徒に対する先生の 
2018年 7月31日
毎日新聞
岩手日報国際化学オリンピック毎日新聞銅」は大阪星光学院高3年の福本優斗さん(18)。 物理五輪の金メダルは岡山県立岡山朝日高3年の大倉拓真さん(17)。「銀」は初芝富田林高(大阪)3年の喜田輪さん(17)、大阪星光学院高2年の末広多聞さん(17)、同3年の永浜壮真さん(17)、高(兵庫)3年の吉見光祐 
2018年 7月30日
山陽新聞
国際物理五輪で金メダルの快挙 朝日高3年大倉さん、岡山県内初山陽新聞成績優秀者12人を集めた日本代表候補となり、選抜合宿を経て5人の代表メンバーに選ばれた。 文部科学省によると、初芝富田林高(大阪府)3年喜田輪さん、大阪星光学院高(同)3年永濱壮真さん、同高2年末広多聞さん、高(兵庫県)3年吉見光祐さんの4人が銀メダルを 
2018年 7月30日
産経ニュース
岩手日報化学、物理五輪で9メダル 日本代表高校生産経ニュース銅」は大阪星光学院高3年の福本優斗さん(18)。 物理五輪の金メダルは岡山県立岡山朝日高3年の大倉拓真さん(17)。「銀」は初芝富田林高(大阪)3年の喜田輪さん(17)、大阪星光学院高2年の末広多聞さん(17)、同3年の永浜壮真さん(17)、高(兵庫)3年の吉見光祐 
2018年 7月30日
リセマム
【中学受験2019】日能研「予想R4偏差値一覧」首都圏・関西7月版リセマム関西7月25日版の予想R4一覧を見ると、男子難関校の入試日と偏差値は、1月19日~20日が(71)、甲陽学院(65)。1月20日が西大和学園(65)、須磨学園3B(64)。1月21日が洛南高附属・併願(70)、東大寺学園(67)。1月23日以降が白陵・後期(64)、洛星・後期(64)。
2018年 7月24日
アエラドット 朝日新聞出版
「恋愛よりやっかいなのはスマホ」三男一女を東大理IIIに合格させた佐藤ママの「五寸釘」対策アエラドット 朝日新聞出版佐藤さんの息子が高校生のときはまだスマホが普及していなかったが、当時、難関私立高校の灘高校(神戸市)にも“携帯(ガラケー)依存”になった子どもがいたという。授業中もずっとネットサーフィン。パケット代は定額制だったが、実際には通信費が300万円分に上っていたとか。
2018年 7月23日
高校生新聞
時事通信【国際生物学オリンピック】日本代表4人全員がメダル 銀2、銅2高校生新聞石田廉君(東京・筑波大学附属駒場高校2年) 銀メダル. 鳥羽重孝君(兵庫・灘高校2年) 銀メダル. 鈴木万純さん(東京・西高校3年) 銅メダル. 濵笙子さん(東京・桜蔭高校1年) 銅メダル. 国際生物学オリンピックは、世界各地から生物学の才能のある若者を集め、将来の科学者を 
2018年 7月23日
毎日新聞
文部科学省は23日、イランで開かれた国際生物学オリンピックで、日本代表の高校生4人が銀メダル2個と銅メダル2個を獲得したと発表した。 銀メダルは筑波大付属駒場高(東京都)2年の石田廉さん(16)と、高(兵庫県)2年の鳥羽重孝さん(17)。銅メダルは東京都立西高3 

灘高校 を見た人がチェックしている学校

Sponsered link