灘高校 のニュース記事

Sponsered link
2018年 2月19日
財経新聞
【Z会進学教室(関西圏)】<高校受験をする中学生とその保護者さま対象>「最新の高校入試分析!(・東大寺・西大和・洛南・大教大附池田編)」2018年2月25日から
2018年 2月8日
ダ・ヴィンチニュース
南アフリカで中学時代を過ごし、灘高校、東京大学を卒業。2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。2012年に講談社を退社
2018年 2月8日
リセマム
公立高vs私立高…国公立大医学部合格数ランキングリセマム私立高校から国公立大医学部へ合格した50名以上の高校は10校あるが、特筆すべきはであろう。東大へ20名、京大へ25名、阪大へ13名、その他の旧帝大3名で61名の合格者が出ている。東海は数の上ではトップであるが、東大や京大などの合格者ではには到底及ばない。東海からは名大に23名合格し
2018年 2月7日
ニコニコニュース
子を"上流"に乗せる 学閥の強い大学10選ニコニコニュース開成、、筑駒など東大合格者を輩出する高校は限られているので、出身高校別の『高校閥』が形成されると聞きます」(同)。同じく偏差値の高さと卒業生たちの活躍ぶりから3位は京大がランクイン。 4位はメガバンクや商社への就職率の高さから、一橋を選んだ。一橋の卒業生からは「東大とは違う」という独特の気風がうか
2018年 1月17日
Business Journal
東大合格者が多い高校ランキングに異変!私立進学校の凋落、公立の大躍進Business Journalそれは受験生の出身高校の進学実績、難関大学への進学力のトレンドだ。 まず進学校の最頂部の顔ぶれが大きく変わることは、想定しづらい。たとえば今年も東大合格者数のランキングで開成が首位の座を堅持するのは、ほぼ確実であろう。いわゆる御三家である、麻布、国立校の代表格である筑波大附属駒場や
2018年 1月17日
なんば経済新聞
登壇者は、コピーライターの日下慶太さん、突っ張り棒博士の竹内香予子さん、ブリコラージュ研究者の中田樹さん、灘高校生徒会長の柳津聡さんら7人を予定。現在13人の大学生が、登壇者と共に発表準備を進める「スピーカーチーム」、協賛企業によるプレゼンテーションを支援する「アクティビティチーム」、SNSなどで日々の
2018年 1月15日
リセマム
【中学受験2018】に252人合格、実質倍率2.88倍…合格者は5年間で最多リセマム小学生アクセスランキング. 【中学受験2018】都立中高一貫校の最終応募倍率(確定)白鴎7.37倍、小石川6.70倍; 【中学受験2018】関西私立中学、難関校偏差値ランキング 画像 【中学受験2018】関西私立中学、難関校偏差値ランキング; 秋田市内の中高一貫校で高校廃止の答申…内部進学者減少に歯
2018年 1月11日
リセマム
【中学受験2019】浜学園、第1回「中オープン模擬入試」2/25リセマム小学生 · デジタル教科書の整備状況、1位「佐賀県」98.7%…文科省調査 2018.2.20 Tue 18:45. 文部科学省は平成30年2月20日、学校における教育の情報化の実… 航空教室や操縦体験、桜美林大×JALの空と飛行機イベント3/24 2018.2.20 Tue 15:45 · 【高校受験】や東大寺など、Z会関西の高
2018年 1月7日
日本経済新聞
「東大一直線」に曲がり角 開成生も海外大志向へ日本経済新聞地元でやるなら医者ぐらい」(高出身の東大生)。 もう一つ大きな理由がある。「京阪神の大都市圏から通える国公立大学医学部の数が多いからです。一方で首都圏は少ない。都内から通えるのは東大理3と東京医科歯科大ぐらい。自宅の場所によっては千葉大医学部と横浜市立大学医学部も入るけど、関西に比
2018年 1月3日
日本経済新聞
書店には行かない 流行より「私だけ」追求日本経済新聞私立灘高校(神戸市)を10年に卒業した古賀健太さん(26)は、文化こそ人々が理解し合い、つながるために必要なものだと信じている。 中高生のとき、夏目漱石、森鴎外ら日本文学を読みあさり、日本人とは何か考えた。「世界で影響力のある100人」になぜ日本人は少ないのか。そんな疑問から海外に進学することを
2017年 12月27日
ニフティニュース
灘高校1979年卒」の神童は、大人になってどうなったのか?――2017 BEST5【ライフ部門 5位】ニフティニュース中学・高校。神童の宝庫である。指折りの天才、秀才が集まった。 なかでも1979年卒業生の面々には、やたらと濃いキャラクターが集まった。勝谷誠彦、和田秀樹、中田考、吉田尚正、宮園司史、井内摂男、西川知一郎、伊藤芳朗、飯泉嘉門。彼らは1960年、61年生まれ。わたしと同学年だが、まるで別世界に住む
2017年 12月17日
日本経済新聞
「塾は不要」の愛光中高 国公立大医学部に4人に1人日本経済新聞愛媛県の松山市にある中高一貫の私立校、愛光中学・高校。夏目漱石の『坊っちゃん』の舞台となった文学の街に、ミッションスクールとして誕生。東京大学や国公立大学の医学部医学科の合格者を輩出し、中学・高校(神戸市)やラ・サール中学・高校(鹿児島市)とともに「西の御三家」と称され、中国・四国地方では

灘高校 を見た人がチェックしている学校

Sponsered link