灘高校 のニュース記事

Sponsered link
2018年 10月20日
朝日新聞社
兵庫)弁護士・藤原精吾さん 優生思想、裁判通じ問う朝日新聞社学校新聞を作っていた高時代、新聞記者にあこがれたが、大学進学後、知人の勧めで法曹の道を選んだ。弁護士の原点は、駆け出し3年目に依頼者として出会った全盲の故・堀木フミ子さん。障害福祉年金の受給を理由に児童扶養手当の支給を断られ、「生存権」を定めた 
2018年 10月17日
産経ニュース
【関西の力】教育(3)祈りと熱弁お嬢さま「女」神戸女学院産経ニュース関西きってのお嬢さま学校とのイメージもある神戸女学院中高部(兵庫県西宮市)。「女(おんななだ)」とも呼ばれる進学校だが、進学実績の宣伝を一切しないことでも知られる。それは、生徒たちの主体性、自主性を育むことに力点を置くから。同校の図書室に並ぶ、カラフルな 
2018年 10月17日
神戸新聞
神戸新聞NEXT|神戸|校健児 @学び舎の軌跡【4】躍進神戸新聞校は中高一貫校だ。180人が中学から入り、高校から新たに40人が加わる。初代校長眞田範衛が「日本一の学校にする」と誓い、開校してから40年後の1968(昭和.驚異の東大合格率の足場は… 兵庫・校 過去に教師や生徒を“ヘッド
2018年 10月17日
BIGLOBEニュース
<経営者・人事責任者限定>2万人以上と面接したプロ人事が伝授する「つかんで離さない」内定者の心理BIGLOBEニュース高等学校を経て1990年に京都大学教育学部に入学、1995年に同学部教育心理学科を卒業。 株式会社リクルートで人事採用部門を担当、最終的にはゼネラルマネージャーとして活動したのち、株式会社オープンハウス、ライフネット生命保険株式会社など多種の業界で人事を 
2018年 10月15日
産経ニュース
【関西の力】教育(1)ラサール石井、、東大…伝説の入江塾産経ニュース伝説の学習塾」と呼ばれた塾が、大阪にあった。大阪府立高の教師だった故・入江伸(しん)が昭和32(1957)年から昭和61(1986)年まで開いていた「伸学社」(通称・入江塾)だ。全国一の進学校、高の募集人員が55人だった年に30人の合格者を出したこともあるという。
2018年 10月13日
神戸新聞
校健児 @学び舎の軌跡【1】源流神戸新聞1927(昭和2)年10月27日付神戸新聞夕刊は「中学校設立認可」のニュースを1面で報じている。 この時期、大阪商人の「ベッドタウン」として急成長した魚崎町(現在の中・高周辺)。豪商たちは優秀な跡継ぎを育てようと教育に力を注ぐあまり、旧制中学の受験戦争は 
2018年 10月12日
47NEWS
校教師が語る生徒が学び続ける姿勢の育み方47NEWS沖縄県私学教育振興会が主催する英語教員指導力向上対策研修会がこのほど那覇市内で開かれた。全国有数の進学校である中学・高校(神戸市)の英語科教諭木村達哉さんが講師の一人として登壇し、生徒が学び続ける
2018年 10月11日
西日本新聞
東急プラザ銀座店 HANDS EXPO CAFEで、初の長崎五島列島フェアを開催。五島列島直送の食材を使ったメニューのほか、五島高校の生徒が開発した五島ピザを販売。西日本新聞リリース発行企業:五島市. 2018年11月15日(木)~12月16日(日)の約1か月間、東急プラザ銀座7階「HANDS EXPO CAFE」で、長崎五島列島フェアを初開催。五島列島(長崎県五島市)のこだわり生産者がカフェに食材を直送。五島牛や五島で獲れた新鮮な魚、こだわりを 
2018年 10月10日
毎日新聞
高校生ら、音楽の力で社会貢献 福山 /広島毎日新聞ストリートライブ形式で寄付金を募り、発展途上国の支援や西日本豪雨の被災地再建に役立てようと、地元の高校生らが企画。2016年から毎年開催しており、今年は福山市出身の高(神戸市)1年、池田遼介さん(16)が運営を担った。 コンサートには福山市の英数学館高 
2018年 10月5日
リセマム
【中学受験2019】日能研「予想R4偏差値一覧」首都圏・東海9月版・関西10月版リセマム関西10月4日版の予想R4一覧によると、男子難関校の入試日と偏差値は、1月19日~20日が(71)、甲陽学院(65)。1月20日が西大和学園(65)、須磨学園3B(64)。1月21日が洛南高附属・併願(70)、東大寺学園(67)。1月23日以降が白陵・後期(64)、洛星・後期(64)。
2018年 10月2日
読売新聞
10か国の高校生が全地球的課題を論じる…校読売新聞中学校高等学校(神戸市)は3月26日からの6日間、世界10か国10高校の代表生徒による国際会議「ウィンチェスター国際シンポジウム2018」を主催した。9回目の開催となる今回のテーマは「社会と自然」。全地球的課題について、英語で知見を交換し合う高校生たちの 
2018年 9月29日
東洋経済オンライン
「地方出身の東大生」の勉強法が本質的すぎた東洋経済オンラインこれが、東京の東大生輩出ゼロの高校から2浪して東大に合格した僕が、東大に入っていちばん初めに感じたことでした。 会う人会う人、みんな名だたる名門校出身者ばかり。自己紹介で口を開けば「開成」「麻布」「筑駒」「桜蔭」「」……とにかくみんな名門校。 東大では、自己 

灘高校 を見た人がチェックしている学校

Sponsered link