灘高校 のニュース記事

Sponsered link
2018年 12月4日
読売新聞
出願受け付け、12月25日から…中読売新聞中学校高等学校 最新記事 · 出願受け付け、12月25日から…中(2018年12月04日) · 入試説明会、11月10日…中(2018年10月24日) · 10か国の高校生が全地球的課題を論じる…校(2018年10月02日) · 「数学甲子園2018」本選に2チーム出場…(2018年09 
2018年 12月3日
BIGLOBEニュース
なぜ勝谷誠彦は取り憑かれたように酒を求めたのかBIGLOBEニュース勝谷は中学と灘高校を卒業後、医学部進学が叶わず、早稲田大学第一文学部に入学した。これは、彼の中では大きな劣等感となっていた。「高の卒業生として同級生たちに胸を張れるようになりたい」。それは、教育に非常に厳しかった母の影響がかなり感じられる。「大好き 
2018年 11月30日
アエラドット 朝日新聞出版
子ども全員東大理III合格の佐藤ママが“神頼み”より役立つ中学受験7つの技を伝授アエラドット 朝日新聞出版長男、次男、三男は中学校(神戸市)、長女は洛南高等学校附属中学校(京都市)を受験し、合格した。その経験から得られたノウハウは、『三男一女 東大理III合格! 佐藤ママの子育てバイブル 学びの黄金ルール42』に詳しいが、佐藤さん自身は、4人の子どもの受験で一度も 
2018年 11月29日
毎日新聞
京都府出身。88年に高校卒業後上京して歌手を目指し、翌年にシングル「男」でデビュー。「京都 ふたたび」は41枚目となる。 探し歩いた末にたどり着いた相手への思いが歌詞に込められている。涙をこぼし、手と手をつなぐ。多岐川は「30周年を迎え、ファへの感謝の気持ちを 
2018年 11月28日
livedoor
文藝春秋で働いていた勝谷誠彦さん 恐るべき新人だったと評価livedoor突然の訃報だった。コラムニストとして活躍した勝谷誠彦氏が11月28日、肝不全のため亡くなった。57歳だった。勝谷氏のひとつ先輩にあたり、文藝春秋でともに編集者として働いたノンフィクション作家の柳澤健氏が、死を悼み、思い出を綴る。 【写真】「灘高校1979年卒の神童」 
2018年 11月28日
神戸新聞
コラムニストの勝谷誠彦氏が死去 57歳、尼崎市出身神戸新聞中、高、早稲田大を卒業後、週刊誌記者を経てコラムニストに。テレビ、ラジオの情報番組でコメンテーターを務め、辛口の発言で知られた。さぬきうどん店も経営していた。 17年7月の兵庫県知事選に無所属で立候補したが落選。5選を果たした現職井戸敏三氏の多選批判 
2018年 11月26日
asahi.com
(学びを語る)思考力つけるには 先回りせず、何でもやらせる 大森秀治さんasahi.com大学入試改革では思考力、判断力、表現力が問われます。短期間で身につかない力をどうつければいいのでしょうか。思考力を問う入試で有名な中高の教頭に聞きました。 □中学校・高校教頭、大森秀治さん. 中の入試の算数は難しいと言われます。考える力、つまり思考 
2018年 11月26日
Yahoo!ニュース 個人
貴景勝、初V 22歳3カ月&26場所スピード優勝 実った父の英才教育Yahoo!ニュース 個人同小からは「(東大進学が当たり前の)中に3人に1人は進む」という高偏差値校。父は「寝る間もない幼稚園児だった。東大かプロのアスリートかだった」と振り返る。 小学生時、父母が進路に関し対立。小3時に相撲に転向した際、貴景勝は「どうすれば(両親は)喜ぶの?
2018年 11月20日
NET-IB NEWS
自立した社会人の育成」を理念に掲げる英進館は、少子高齢化が続く環境下で在籍生徒数を伸ばし、業績も右肩上がりで推移している。2018年の合格実績は全国最難関といわれる灘高校の合格者数は5年連続で日本一。久留米大学附設中・高校、ラ・サール中・高校に至って 
2018年 11月19日
琉球新報
Vol.30 「入試に役立つ指導法と勉強法」講演会 新しい学びと入試改革に対応するMANALAB 琉球新報入試に役立つ指導法と勉強法」講演会. 琉球新報社と「おきなわ学びのネットワーク」の主催で10月28日、兵庫県の中学・高校の英語教諭、木村達哉さんを招いた講演会「入試に役立つ指導法と勉強法」が那覇市の興南学園で開かれました。 大学入試センター試験が2020年に 
2018年 11月19日
日本経済新聞
希代のエンジェル投資家で、篤志家としても知られるあすかホールディングス会長の谷家衛氏(55)。その投資哲学の原点は、一人ひとりの個性を育み、伸ばす私立校(中、高、神戸市)の校風にあると話すが、その母校の後輩や若い人たちに対し、谷家氏は、もっと自分の 
2018年 11月19日
47NEWS
中高・木村達哉先生が教える「成績を上げるにはどうしたらいい?」47NEWS琉球新報社と「おきなわ学びのネットワーク」の主催で10月28日、兵庫県の中学・高校の英語教諭、木村達哉さんを招いた講演会「入試に役立つ指導法と勉強法」が那覇市の興南学園で開かれました。大学入試セン

灘高校 を見た人がチェックしている学校

Sponsered link