宇部高等学校の偏差値データ

宇部高等学校の偏差値は67。 山口県立宇部高等学校(やまぐちけんりつ うべこうとうがっこう)は、山口県宇部市にある公立の高等学校。県内有数の進学校である。一般的には略して宇部高と呼ばれるが、高年齢の人からは北高と呼ばれている。2001年には全国高等学校クイズ選手権第21回大会で優勝した。 1919年 宇部村立宇部中学校として創立。 1921年 設置者である宇部村の市制施行に伴い宇部市立宇部中学校に改称 1923年 設置者を山口県に移管し山口県立宇部中学校に改称 1949年 山口県立宇部高等学校に改称 普通科_(学校) 普通科 理数科 庵野秀明 - アニメーター・映画監督 菅直人 - 政治家、民主党_(1996-) 民主党代表代行、衆議院議員。2年まで在籍(東京都立小山台高等学校 都立小山台高へ)

偏差値 ランキング

偏差値
67
所在地
山口県
区分け
公立
公式サイト
公式サイトは こちら から
Sponsered link
Sponsered link

宇部高校を見た人がチェックしている学校

Sponsered link

宇部高校の評判・つぶやき

2019年 3月19日
宇部高の制服青雑巾ってほんとやん…
2019年 3月18日
@orange_154 すごすぎ(><) 今年宇部高卒業なん??
2019年 3月16日
今年既卒とは言え脅威出たのすごいな宇部
2019年 3月16日
2年からは真面目に勉強にとりくみ、態度も改め、宇部高生として模範となれるような生徒になります

宇部高校のニュース記事

2018年 11月26日
読売新聞
本庶さんに市民栄誉賞…宇部市が発表読売新聞本庶さんは京都市出身だが、父親の仕事の都合で、小学生の頃に宇部市に転居。県立宇部高を卒業して京大に進学するまで市内で過ごした。 市は、本庶さんのノーベル賞受賞決定を受けて、市民栄誉賞を新設。本庶さんが第1号となる。来年3月に京都市内で授与する予定。本庶さんに宇部市が初の市民栄誉賞宇部日報all 3 news articles »
2018年 11月26日
宇部日報
本庶さんに宇部市が初の市民栄誉賞宇部日報本庶さんは1942年京都市生まれ。神原小、神原中、宇部高を卒業後、京都大医学部に進学した。久保田市長は「幼少期から高校時代までを本市で過ごされた本庶さんのノーベル賞受賞は、市民の誇りであり、喜びと感動を与えた。功績は、社会に希望をもたらすものだ」と語った 
2018年 11月9日
日テレNEWS24
心を込めて伝えることの大切さを後輩の高校生に伝えた。宇部高校で開かれた「志育成セミナー」では、宇部高校出身で、山口放送の丹黒香奈子アナウンサーが「私を生きる」というテーマで講演をした。大学卒業後、客室乗務員を経てアナウンサーとなり接客や取材を通じて多くの 

宇部高校を見た人がチェックしている学校