愛光高校 のニュース記事

Sponsered link
2018年 1月6日
Yahoo!ニュース 個人
主権者教育は政治・選挙の事を教えることではなく、自分自身の生活を見ることであるYahoo!ニュース 個人愛媛県愛光高校、東京大学法学部卒。「学生団体ivote」創設。インターネット選挙運動解禁「OneVoiceCampaign」。YouthCreateで、「若者と政治をつなぐ」をコンセプトに活動。地方議員と若者の交流会「VotersBar」の全国展開文科省・総務省作成「政治や選挙等に関する高校生向け副教材」の執筆。多数の中高
2018年 1月4日
読売新聞
神戸市出身の森川さんは全国屈指の進学校・愛光中学校(松山市)に進んだ。「勉強ばかりの毎日。心から夢中になれるものがなく、エネルギーが余っていた」と当時を振り返る。 そんな生活を変えたのが俳句だった。高校1年の夏、俳句甲子園創設に携わった俳人の夏井いつきさん(60)の授業を受けた。恋をテー
2017年 12月21日
毎日新聞
毎日写真コンテスト毎日新聞尾ケ井陽(東京都立両国高付属中3年)藤本早紀(東京都立桜修館中等教育学校1年)鶴巻はる乃(新潟県三条市立第四中3年)桑原朋花(新潟県小千谷市立小千谷中3年)井口凜(同市立千田中3年)鮫島未和(名古屋市立上社中1年)徳丸陽(愛媛県愛光中1年)溝上結理(大阪府帝塚山学院中3年)高
2017年 12月9日
愛媛新聞
全日制高校(分校を含む)12校のうち、9校の一般入試が2月6日(一部は7日まで)に集中する。 9校は今治明徳、今治精華、済美、聖カタリナ学園、松山東雲、松山城南、新田、松山聖陵、帝京第五。帝京冨士は1月6日(県外)と14日(県内)、愛光は同20日、今治明徳矢田分校は同23日に行う。 通信制高校は日本
2017年 11月1日
日本経済新聞
障害乗り越えた甲子園球児 次はやり投げでパラめざす日本経済新聞宮沢が営む「こはぜ屋」は社員わずか20数名の小さな会社 日本のもの作り描く『陸王』 悪人が出てこないワケ 日経エンタテインメント! マネー研究所 · PIXTA 投信の「本当のコスト」に注意 信託報酬の4.2倍も · 出世ナビ · 愛媛県松山市にある愛光中学・高校 「塾は不要」の愛光中高 国公立大医学部に
2017年 10月10日
THE PAGE
18歳選挙権初の政権選択選挙 どう投票先を選べばよい? 識者に聞くTHE PAGE愛媛県愛光高校卒、東京大学法学部卒。大学3年時に、20代の投票率向上を目指し「学生団体ivote(アイ・ヴォート)」を設立。卒業後の2012年4月インターネット選挙運動解禁を目指し「OneVoiceCampaign(ワンボイスキャンペーン)」を立ち上げる。2012年11月YouthCreateを 
2017年 9月22日
日本経済新聞
高配当、成長性、割安さを重視 日本株の勝ち組投資家日本経済新聞宮沢が営む「こはぜ屋」は社員わずか20数名の小さな会社 日本のもの作り描く『陸王』 悪人が出てこないワケ 日経エンタテインメント! マネー研究所 · PIXTA 投信の「本当のコスト」に注意 信託報酬の4.2倍も · 出世ナビ · 愛媛県松山市にある愛光中学・高校 「塾は不要」の愛光中高 国公立大医学部に
2017年 8月5日
日本経済新聞
私立一貫2500万円 教育費、聖域にせずどう管理?日本経済新聞宮沢が営む「こはぜ屋」は社員わずか20数名の小さな会社 日本のもの作り描く『陸王』 悪人が出てこないワケ 日経エンタテインメント! マネー研究所 · PIXTA 投信の「本当のコスト」に注意 信託報酬の4.2倍も · 出世ナビ · 愛媛県松山市にある愛光中学・高校 「塾は不要」の愛光中高 国公立大医学部に
2017年 7月13日
エキサイトニュース
「僕とはかけ離れた世界」藤井四段と対局した現役東大生・学生名人が見たものエキサイトニュース四国屈指の進学校である愛光学園に在学していた彼は猛勉強の末、東京大学理科二類に合格。東大に入学したことで「少しだけ自分の中のわだかまりが解けて、自己肯定ができた」と心の傷が癒え、将棋を再開した。そして、再開してすぐにアマチュア大学生の将棋大会で最高峰 
2017年 7月13日
エキサイトニュース
「僕とはかけ離れた世界」藤井四段と対局した現役東大生・学生名人が見たものエキサイトニュース四国屈指の進学校である愛光学園に在学していた彼は猛勉強の末、東京大学理科二類に合格。東大に入学したことで「少しだけ自分の中のわだかまりが解けて、自己肯定ができた」と心の傷が癒え、将棋を再開した。そして、再開してすぐにアマチュア大学生の将棋大会で最高峰 
2017年 7月11日
毎日新聞
県内4人に毎日賞 秀作賞11人、佳作賞15人 /愛媛毎日新聞創作意欲を高める原動力の一つは、芸術(書道)の非常勤講師を務める愛光学園(松山市)の中高生たち。限られた時間の中でひたむきに書に向き合う姿に刺激を受けるほか、生徒らが詠んだ俳句の揮毫(きごう)など、多岐にわたるジャンルで筆を執ることができ、充実感がある。
2017年 7月10日
毎日新聞
毎日フォーラム・課長補佐時代毎日新聞今でも梅雨時に曇り空を眺めると、つい米の作柄を気にしながら、あの93年の冷たい夏を思い出します。 おかもと・しげあき 1961年愛媛県生まれ。私立愛光高、東大法学部卒。83年大蔵省入省。主計官、秘書課長、主計局次長などを経て15年7月から現職。(肩書は6月末現在 

愛光高校 を見た人がチェックしている学校

Sponsered link