九段高校 のニュース記事

Sponsered link
2018年 2月5日
リセマム
【中学受験2018】東京都内公立中高一貫校の受検倍率、白鴎6.82倍・九段(B)8.09倍リセマム東京都教育委員会は平成30年2月3日、平成30年度(2018年度)東京都立中等教育学校と東京都立中学校の一般枠募集の受検状況を発表した。受検倍率は白鴎高等学校附属が6.82倍ともっとも高く、10校の平均は5.61倍。また、千代田区立九段中等教育学校は区分Aが1.68倍、区分Bが8.09倍だった。 平成
2018年 1月15日
スポーツ報知
藤井四段ひふみん超え!史上最年少で名人を撃破スポーツ報知ひふみん」こと加藤九段が五段当時の1955年に大山康晴名人(後の十五世名人)に勝ったのは15歳10か月、高校1年の時。藤井は史上最年少にして初の「名人に勝った中学生」になった。故郷のファンの前で現役タイトルホルダーから初勝利を挙げ「緊張してしまいましたが、機会を頂けたことはうれしく思っています
2018年 1月11日
アサ芸プラス
藤井聡太 高校進学で始まる「マネージメント争奪戦」アサ芸プラスデビュー以来、29連勝の新記録を樹立した藤井聡太四段(15)。17年12月15日に行われた「朝日杯将棋オープン」では屋敷伸之九段(45)を破り、初めて公式戦でA級棋士に勝利した。最年少プロの強さについて、棋士でタレントの神吉宏充七段はこう説明する。 「師匠の杉本昌隆七段(49)や先輩の意見を聞いて研
2018年 1月6日
毎日新聞
昨年7月と10月、青野照市九段(焼津市出身)や神谷広志八段(浜松市出身)らを招いて小中高校生対象の将棋講座を開催すると、いずれも30人の定員を上回る申し込みがあった。今後は定員増を検討している。 8月と10月に開いた将棋交流大会でも初級の参加者が増加。市の担当者は「将棋ブームで子どもの参
2017年 11月27日
毎日新聞
/14 将棋 豊島将之八段 加速する攻め将棋 /兵庫毎日新聞名人戦の挑戦者にもなった師匠の桐山清澄九段(70)に月1回のペースで直接教わった。小学生プロの呼び声もあったが、三段リーグ突破に5期を要し、関大一高2年のときプロに。関大文学部にも進学し、講義に出席したが、当然ながら対局が忙しくなって中退。今でも、勉強が 
2017年 11月24日
産経ニュース
杉内九段はトッププロとして、昭和の全盛期にはタイトル戦でも活躍した。平成に入っても気力は衰えなかった。将棋界のヒーロー、藤井聡太四段のデビュー戦は、加藤一二三九段との62歳の年齢差も話題になった。杉内さんは昨年、15歳の高校生棋士との対局で、年齢差80歳 
2017年 11月17日
livedoor
高校進学の藤井聡太四段 将棋との両立は難しく中退の可能性も?livedoor将棋に打ち込める環境を作ったことも奏功して、藤井四段は史上最年少でプロデビュー。以降の活躍はご存じの通りである。だが、厳しいプロの世界を目の当たりにして、その環境さえも藤井四段は“足かせ”に感じたのだろうか。 将棋連盟理事の森下卓九段が言う。 「たしかに15歳 
2017年 10月28日
アサ芸プラス
藤井聡太四段、高校進学決断に羽生善治が「喜んで賛成した」理由!アサ芸プラス藤井四段と同じく中学生でプロ棋士になった谷川九段ら4人は、いずれも高校に進学して大成しています。もし忙しくなるようなら、羽生棋聖のように通信制に転校して卒業したっていい。藤井四段には屋敷伸之五段が18歳6カ月で達成した史上最年少タイトル記録を、ぜひ破って 
2017年 10月26日
J-CASTニュース
朝日新聞藤井四段、高校進学の意向を固める 加藤九段「応援しています!」J-CASTニュース通学している中高一貫校の名古屋大学教育学部付属中(名古屋市)からそのまま同付属高(同)へ進学する。藤井四段は日本将棋連盟を通じ、「全てのことをプラスにする気持ちでこれからも進んでいきたいです」とのコメントを発表した。 将棋の加藤一二三九段はこの報道を受け、 
2017年 10月26日
日刊スポーツ
東スポWeb藤井四段は高校進学!谷川九段、羽生棋聖らと同じ道日刊スポーツ過去、中学生でプロ入りした加藤一二三・九段(77)、谷川浩司九段(55)、羽生善治棋聖(47)、渡辺明2冠(33)は、いずれも高校へ進学。師匠の杉本昌隆七段(48)は「中高一貫校からの進学は自然な流れで、現時点ではベストの選択」とコメント。愛弟子が悩む姿を間近で見 
2017年 10月15日
読売新聞
その一人、谷川九段は7月に藤井四段の自宅を訪ねた際、自身の高校生活を振り返りながら、「普通の高校生活を送るのも大事」と助言したという。「彼が進学しないと決めるならば、それが“最善手”」と藤井四段の意思を尊重しつつ、「将棋界は狭い世界。今しかできない高校生活 
2017年 10月2日
朝日新聞
「あっという間の1年」 藤井四段、思い出の大会に登場朝日新聞最も印象に残った出来事に、62歳差の対局で話題を集めた加藤九段とのデビュー戦を挙げた。来春に名古屋大教育学部付属中学校を卒業する。そのまま高校に進学するのかどうかは未定といい、「ゆっくり考えたい。冬あたりまでには決めたい」と話した。2年目の抱負について 

九段高校 を見た人がチェックしている学校

Sponsered link