九段高校 のニュース記事

Sponsered link
2018年 7月27日
日刊スポーツ
朝日新聞谷川浩司九段、藤井七段は「かわいそうだなと思う」日刊スポーツ史上最年少プロ棋士、藤井聡太七段(16)の師匠杉本昌隆七段(48)と谷川浩司九段(56)が27日、大阪市内で「将棋界のこれから」(関西プレスクラブ主催)と題して対談した。藤井もビデオ出演した。 高校生活初の夏休みに入った弟子について「夏休みに入り、自由な時間を 
2018年 7月14日
アエラドット 朝日新聞出版
倍率1倍以下の高校も…都立中高一貫校、開設13年で見えた課題アエラドット 朝日新聞出版都内の公立一貫校には、6年間一貫で編入のない「中等教育学校型」と、高校に附属中学を併設する「併設型」がある。一般的に「中等教育学校型」が大学入試に有利と言われ、小石川がその代表格だ。ほかに桜修館・立川国際・三鷹・南多摩・九段中等教育学校がそれにあたる。
2018年 7月10日
毎日新聞
王将戦の地元開催がきっかけで始まった。高校生のプロ棋士、藤井聡太七段の活躍などで将棋熱が高まる中、募集開始から数日で定員に達したという。焼津市出身の青野照市九段ら3人のプロ棋士が、それぞれ一度に複数の相手と対戦する多面指しで指導。プロ棋士との対局 
2018年 6月29日
読売新聞
イブニング説明会、7月13日…和洋九段読売新聞和洋九段(2018年02月05日) · 思考力入試勉強会、1月13日…和洋九段(2017年12月25日) · プレテスト、12月17日…和洋九段(2017年12月11日) · 入試対策勉強会、11月11・25日…和洋九段(2017年10月27日) · 高校にグローバルコースを設置…和洋九段(2017年10 
2018年 6月25日
ニコニコニュース
最年少プロ棋士・藤井聡太七段が深浦康市九段へのリベンジを果たす!ニコニコニュース6月22日(金)、東京都の将棋会館で第66期王座戦<挑戦者決定トーナメント>が指されました。現役高校生である藤井聡太七段が、トップ棋士の一人である深浦康市九段へのリベンジをかけた注目の一戦。両者粘りの持久戦となりました。
2018年 6月22日
AbemaTIMES
藤井聡太七段、深浦康市九段と対決 勝てばタイトル戦へあと2つ/将棋・王座戦挑戦者決定トーナメントAbemaTIMES藤井七段は高校に進学した今年度、7戦7勝と負け知らずの絶好調。公式戦の2人の対局は今回が2度目で、初対決の際は深浦九段が勝利。激戦を落とした藤井七段の悔しがる姿が話題となった。勝った方が、久保利明王将と斎藤慎太郎七段の勝者と対戦。別ブロックでは渡辺 
2018年 5月27日
ニコニコニュース
美人棋士・竹俣紅が語る「アタック25に優勝した森内俊之師匠とのこと」ニコニコニュース写真=佐藤亘/文藝春秋. たけまた・べに/1998年、東京生まれ。6歳から将棋を始め、森内俊之九段に師事。2012年、14歳で女流プロ入り。現在、女流初段。渋谷教育学園渋谷中学・高校を卒業し、2017年に早稲田大学政治経済学部入学。経済学専攻で、大学の将棋部に 
2018年 5月18日
文春オンライン
神童は大人になってどうなったのか?文春オンライン都立九段高校出身。東京大経済学部卒。官邸を守るために、文書記録は「速やかに事業終了で廃棄していると思う」、電子データは「短期間で自動的に消去されて、復元できないようなシステムになっている」、公文書改ざんの経緯では「刑事訴追される恐れがある」と言い放った。
2018年 5月18日
日刊ゲンダイ
株主優待生活で有名 桐谷広人七段との若き日の思い出日刊ゲンダイ桐谷は1968(昭和43)年に高校を卒業後、升田幸三九段(当時50)の門下で奨励会(棋士養成機関)に入会した。 私と桐谷は同世代で、奨励会時代は練習将棋をよく指した。また、「青春とはなんだ」というような若者らしい会話を交わした。20歳の頃には女子大の学園祭へ一緒 
2018年 5月7日
BIGLOBEニュース
藤井六段、屋敷九段に勝ちベスト8 次戦は羽生竜王と深浦九段の勝者/王座戦挑決TBIGLOBEニュース将棋の最年少棋士・藤井聡太六段(15)が5月7日、第66期王座戦挑戦者決定トーナメントで、屋敷伸之九段(46)に勝利し、同トーナメントでベスト8に進出した。高校に進学した2018年度は、これで4戦4勝。次戦は羽生善治竜王(47)と深浦康市九段(46)の勝者と対戦する。
2018年 5月7日
日刊スポーツ
AbemaTIMES藤井六段タイトル初挑戦へ1回戦屋敷九段と対局開始日刊スポーツ藤井は先月、名古屋大学教育学部付属高校(名古屋市千種区)に進学して以来3連勝中。対する屋敷は1989年(平元)11月の第55期棋聖戦で、17歳11カ月の史上最年少で初めてタイトル戦挑戦者になっている。翌年8月の第56期棋聖戦で18歳6カ月の史上最年少で 
2018年 5月3日
下野新聞
宇都宮市のプロ囲碁棋士恩田九段 囲碁人口の拡大へ指導下野新聞囲碁人口の拡大が狙いで、今後は定期的に囲碁指導も行う考えだ。 恩田九段は同市生まれ。宇都宮大付属中を卒業後、故大枝雄介(おおえだゆうすけ)九段の門下生となり、17歳でプロデビューした。2007年に通算400勝を達成。17年に最高位の九段となった。現在、囲碁では唯一の本県出身プロだ。 近年、県

九段高校 を見た人がチェックしている学校

Sponsered link